にきびの原因の1つに食生活の乱れが挙げられます。
しかし、食生活を正す事によって、にきびが出来にくい体質にする事も可能です。
洗顔料や薬に頼らず、食生活を見直してにきびケアを行う事も大切です。

スポンサードリンク

にきびケアと食生活

にきびの原因になる皮脂の分泌を促す食べ物は取り過ぎないようにしましょう。

お肉などの動物性脂肪の多い食事は皮脂の分泌が活発に行われます。
日々の食事のメインはお肉よりもお魚の方がよりヘルシーでにきびだけでなくダイエットにもいいでしょう。

また、パンやうどんなどの炭水化物も取り過ぎると、皮脂の元になってしまいます。
炭水化物はとても美味しくてついつい食べ過ぎてしまいますが、にきびのためには量を減らして食べ過ぎに注意するようにしましょう。

また、糖分にも気をつけなければなりません。
チョコレートや洋菓子などの糖分や脂質を多く含んでいる食べ物はにきびができやすい食べ物の1つです。
甘いものはたまに食べると心も満たされますが、食べすぎには注意する事が大切です。

それから、にきび予防に効果的な食べ物もありますよ。
ビタミンB2やビタミンB6などを多く含む食品は皮脂の分泌量をコントロールしてくれます。

ビタミンB2を多く含む食品は、レバーや納豆、卵などがあります。
また、ビタミンB6を多く含む食品は肉、魚、落花生などです。
あくまでも食品から栄養素をとる事が理想ですが、なかなか難しい場合はサプリメントを上手に利用してにきび予防に役立てましょう。

また、皮脂の分泌を促す食べ物も、全く食べない!というのではなく適度にとるようにしましょう。
にきびにいいからと言って、その食品だけを毎日食べ続けていては栄養が偏ってしまいます。

毎日バランスの取れた食生活を送ることでにきびを防ぐ事ができるのです。

スポンサードリンク

▲このページのトップへ

携帯版のQRコード

にきび跡と治療:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://nikibi.153m.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。